洋服 買取 アドーアドゥロワーグレース

 確かに、我が家の家業お洋服専門のリサイクルショップです
洋服 買取アドーアドゥロワーグレース
http://nakaitori.yu-nagi.com/index.html
確かに、買取しています。
買取は日本全国どこからでも宅配買取送料はウチ持ち
運送会社と契約してるから
関東からダンボール一箱で1000円~位かかるかな?
届いたお洋服は一枚ずつ店長がチェックして
お値段をつけて(査定という)いき
お値段をメールやお電話で提示する
お互いに折りあいがついたら
お振込みさせていただきます。
その後、今度はお洋服をアイロンかけたり
お洋服によってはクリーニング出したり
(ダンボールや袋で遠方から届くのでシワがあるのでね)
状態を整えて、採寸して
写真をとって、写真の画像チェックや明るさなどチェックして
ホームページに出せるように
商品についてコメントを打ち込んだり
画像をUPしたり
あとは、買い取ったお洋服の販売が決まったら
梱包といって、包んだりして
また、運送会社さんに頼んで
お客様の元へお洋服を運んでもらいます。
ですので・・・
『9万円で買ったコート、9万円で売りたいです』
と電話があっても(たまにこんなお電話いただきます)
『・・・・・ムリです』
確かに、プレミアついてるお洋服がありますが
タレントの○○着とかね
そんなお洋服以外は
たいがい、定価以上のお買取値段はつきません。
うちもボランティアじゃないので
マイナスになるようなお買取はできないです。スイマセン
いらないお洋服を購入してしまった、と後悔される方は
すぐさま返品しましょう。
購入日の翌日、翌々日くらいまででしたら
レシートを持っていれば返品可能なはずです

ママブロ美容・コスメ)からの投稿

シュタイナー 男子

シュタイナー教育は手仕事といって
小学校1年生からず~っと
高等部になっても・・いわゆる普通の学校だと
家庭科といわれるような授業があります。
現在、小学2年生のムスコ1も
いそいそと編み物をしております。
鈎針で、バッグを作ってお財布作って
かなりの手腕で美しいグラデーションの編み物
はまる
この言葉がぴったり
編み物にはまってる
そうそう、うちのムスメっ子が
小学校低学年の頃も・・・
・・・・??
・・・・ん??????
あったっけ?
わたす『ねぇ、ムスメっ子が小学生の時も編み物やったじゃない?
 こんなに”はまって”してなかったよね?』

ムスメっ子『あ~私、手仕事キライだって教室の後ろで寝っころがって
 ヤダヤダ言ってたから、家でやってないんだ~』

・・・ハイ???
・・・スイマセンスイマセンスイマセン
先生スイマセン。こんな子がここまで育ったのは
先生のおかげです。スイマセンスイマセン・・・
ほんま、あんた、めちゃくちゃやな!!!
と・・
思い出した!!
年末の31日ギリギリになって突然
帽子の毛糸が足りな~い!!と言われ
(冬休みの宿題、しかも他のクラスメイトはほとんど授業中に終わらせていたらしい)
慌てて、駅前のユザワヤに走るも
品切れ・・
(そう、同じクラスのみんなの毛糸も同じ色を使ってるためと思われる。
 しかも男子色の紺系)
ユザワヤでお取り寄せ・・は年明け3日以降となると言われて
・・・恐らく、間に合わん←ムスメっ子の技術だと
仕方ない!人ごみキライだけど
31日の激混み吉祥寺まで車で走った!!!
当たり前だが・・渋滞&駐車場満車!!
どこも空いてなくてめちゃ高い駐車料金の駐車場に停めて行ったな~
ジョージのユザワヤ。
いや~何年生だっけ?グラデーションの帽子~
懐かしいな~
完成したときは感激もひとしお
なんかでも小さすぎて
自分じゃかぶれず、ムスコ1がかぶってたんだよね~
ちなみに、ムスメっ子が1年生の時に作ってた
オフホワイトの帽子は

おばあちゃんが編みましたアップ(サンブンノイチ位)
スイマセンスイマセンスイマセン
モウシマセン・・・
ゴメンナサイ・・・

ママブロ成長記録)からの投稿

固定種 在来種 って何?

固定種 在来種 って何ぞや?


ということで、早速
固定種の山芋


いただきました~♪
九州鹿児島で田舎暮らし 
おいしいよ~
紫色だよ~
はい、これ固定種の山芋・・つくねいも?です。
鹿児島の固定種だっけ?
あれ?沖縄の~って言ってたような・・←オイオイいい加減だな



固定種とか在来種とかっていうのは

簡単に言うと

昔からその土地に根ざした野菜の種



からできた野菜など指してを言います

そして、この固定種とか在来種ちうのが

め~っちゃ少なくなってるんだね。



ゼツメツノ危機~の勢いの品種もあるかも位の勢い

ここのサイトが
詳しく説明してくれてた
http://mone.moo.jp/hitohachi/04.html



この固定種とか在来種というのが

どうして無くなっちゃうのか??





ってのが、ず~っと疑問だったの。



で、その答えをいただいたので
シェアします



話を聞いたのがちょっと前なので

ちゃんと説明できるかな~



まず、現在スーパーなんかで

大量生産されて売られているお野菜さん達

大量に作られるわけです。

ということで、収穫も同じ日に、できなくてはならない

となると、成長が統一されていないといけないわけで

同じ日にドンと収穫できれば、畑をサラにして
また違う野菜を植えられる
大量に作って収益を得るには
クルクル効率良く畑をまわしていく必要がある

(このクルクル回し~にも色々あるのよ~畑の土の問題とか・・
また、それは別の機会に・・・)

でも、在来種とか固定種は成長にバラつきがあるので
収穫時期が読めない
在来種・固定種は庭先に植えて、大きくなったものから
ゆっくり食べていくのには(バラツキがあるため)最適だけれども

大量に生産するとロスがでてくるんだね
なので、農家は敬遠する・・廃れていってしまうんだって。


でも、その土地・風土にあって育まれた歴史のある野菜は
廃れさせちゃ~いかんのじゃない?



ということで、鹿児島の固定種や在来種
もっとお勉強したくなっちゃいました~
来年はもっと固定種植えたいなぁ~
F1種 あんまり食べさせたくないしね・・・

いつから、こんなになっちゃったんだろうね?

都会に住んでたらわからなかったことばっかりで
聞いたり見たりして、びっくりするんだよね~
でも、知らないといけないことが
いっぱいあって、勉強になるわ~ホント。