鹿児島県のがれき受け入れ案 県議会本会議

昨日、県議会の本会議に行ってきました。

いや、大変でした。


なにが大変って、議員さんがずらっと並ぶんで座ってるわけ。

議会所はだいたいコクーン位かな←・・わからんってねぇ。

まぁ、多分キャパ800~1000位の劇場程度


客席に役者は揃うわけなんだけど

桟敷の方にも役者がいる感じね。


客席は2階席なんだけど

桟敷にいる議員は見えないのよね。


なんて始まりました。本会議


・・・本条*×▲+照らしまして▽*‘$×設けました#▲第1060条に則って$×▽●・・・・・・・



わかるか!!日本語で話せ!!



って感じが約20分くらいで

だいたい内容がわかる程度に聞きなれてきましたが


議員さんって



老人・ハゲ(あ、失礼悪意なし上から見てるから頭頂しか見えんのよ)

魂抜けたような無表情で(?何かに洗脳されてる??)

背広着てお経みたいなの唱えるてるわけ。



で、お話の内容は実はめちゃくちゃ県民にかかってくるのよ。



めちゃくちゃ身近な例



喜入地区の派出所3軒、廃止いたしまして

交番1軒とする案件につきましては

住民の反対意見が1600通程届いており

地域住民の不安を感じられます。


で?で?



意義な~し 可決!



ええええええええええええええ????????



地域住民反対でしょ?


なんで可決やねん。


地域住民には受け入れてもらうよう申し入れ


って、反対してるやん。

せめて、しょうがないなって住民が言えるところまで

話合いとかせえへんの?アホか?



しまった・・大阪弁になってた。



で、次の案件



桜島に行くのにトンネル作ったり、鹿児島の湾に人工島を作りましょう


意義な~し・・・可決!!!



はぁぁぁ?

鹿児島って、島が多いやんか

あんた与論とか奄美の人とか一生かかって何回そのトンネル通る?


ストロー減少も起きるちゅうねん、淡路島の例もあったやろ

(最近はしらんけど、当初困ってはったやんか)


そんで県民の税金一律500円上げる?


県民に告知してるか?それ・・

意味わかんね~誰も賛成しいひんやろ!!・・って可決してるやんか!




住民の代表ちゃうんか??あんたら喧嘩売ってんのか?




ここらへんで、うしろで傍聴していたおじさんがた5~6名帰りました。

ハイ、業者ですな恐らく。


ゼネコン・建設業なんかのかな・・

可決されたらいいって感じで聞きにきてたんか・・・


こんなん地域住民のためちゃうやん。

大企業とゼネコンだけ儲けるわけや。


地域住民、消費しろ~考えるな~って感じだね。


これ、反対してる議員さん一人やったで。

鹿児島大丈夫か?

何見て議員選んだん?


知り合いやから?見かけた事あるから?


ちゃんと本議会とか行ったり、中継とかしてるんかな?

見とかなあかんと思うで。


うちなんか小学校とか中学校とか公立の事とかあんまり

よく知らんけど、色々と可決されてたで・・・


農業の事も出てたで。

米農家の補償の事とかもどんどん可決されてたで


一般市民で聞きに来てたの

私と一緒に来てた人ともう一人の3人やったで


もっといっぱい見に来て

自分が投票した人が自分の代わりに発言してるかどうか

ちゃんと見な!!

プレッシャーかけな!

市民の目線の人おらんで。


ぶっちゃけ、自民は出来レースやったわ。

アラ目上の文章誰が書いたの?

いやだわ~なんてキタナイ大阪弁かしら・・

と言う事で、瓦礫の受け入れ案についての決議は

26日に延期となりました。

26日も傍聴に行ってまいります。

100%天然成分の葉酸を含む27種ビタミンミネラル配合【美的ヌーボ】

鹿児島県議会本会議に行ってきました。

つ・・疲れました。

なので、ご報告は後日ということで

徳島県の英断を載せときます。

なんだよ~瓦礫受け入れないなんて非国民だろ!!受け入れろよ~

なんて意見へのご返答だそうです

========================徳島県の回答=============================

貴重なご意見ありがとうございます。せっかくの機会でございますので、徳島県としての
見解を述べさせていただきます。
このたびの東日本大震災では,想定をはるかに超える大津波により膨大な量の災害
廃棄物が発生しており,被災自治体だけでは処理しきれない量と考えられます。
こうしたことから,徳島県や県内のいくつかの市町村は,協力できる部分は協力したい
という思いで,国に対し協力する姿勢を表明しておりました。
しかしながら,現行の法体制で想定していなかった放射能を帯びた震災がれきも
発生していることから,その処理について,国においては1kgあたり8000ベクレルまでは
全国において埋立処分できるといたしました。
(なお,徳島県においては,放射能を帯びた震災がれきは,国の責任で,国において
処理すべきであると政策提言しております。)
放射性物質については、封じ込め、拡散させないことが原則であり、その観点から、
東日本大震災前は、IAEAの国際的な基準に基づき、放射性セシウム濃度が1kg
あたり100ベクレルを超える場合は、特別な管理下に置かれ、低レベル放射性
廃棄物処分場に封じ込めてきました。(クリアランス制度)
ところが、国においては、東日本大震災後、当初、福島県内限定の基準として出された
8,000ベクレル(従来の基準の80倍)を、その十分な説明も根拠の明示もないまま、
広域処理の基準にも転用いたしました

(したがって、現在、原子力発電所の事業所内から出た廃棄物は、100ベクレルを
超えれば、低レベル放射性廃棄物処分場で厳格に管理されているのに、事業所の
外では、8000ベクレルまで、東京都をはじめとする東日本では埋立処分されております。)
ひとつ、お考えいただきたいのは、この8000ベクレルという水準は国際的には低レベル
放射性廃棄物として、厳格に管理されているということです。
例えばフランスやドイツでは、低レベル放射性廃棄物処分場は、国内に1カ所だけであり、
しかも鉱山の跡地など、放射性セシウム等が水に溶出して外部にでないように、地下水と
接触しないように、注意深く保管されています。
また、群馬県伊勢崎市の処分場では1キロ当たり1800ベクレルという国の基準より、
大幅に低い焼却灰を埋め立てていたにもかかわらず、大雨により放射性セシウムが
水に溶け出し、排水基準を超えた事件 がございました。
徳島県としては、県民の安心・安全を何より重視しなければならないことから、一度、生活
環境上に流出すれば、大きな影響のある放射性物質を含むがれきについて、十分な
検討もなく受け入れることは難しいと考えております。
もちろん、放射能に汚染されていない廃棄物など、安全性が確認された廃棄物まで
受け入れないということではありません。安全な瓦礫については協力したいという
思いはございます。
ただ、瓦礫を処理する施設を県は保有していないため、受け入れについては、施設を
有する各市町村及び県民の理解と同意が不可欠です。
われわれとしては国に対し、上記のような事柄に対する丁寧で明確な説明を求めている
ところであり、県民の理解が進めば、協力できる部分は協力していきたいと考えております。
※回答文については、提言者にお返事した際の内容を掲載しております。
その後の事情変更により、現在の状況と異なる場合がありますので、
詳しくは担当課までお問い合わせください

100%天然成分の葉酸を含む27種ビタミンミネラル配合【美的ヌーボ】