鹿児島の町内会での新年会で褒められる

先日、新年会が町内会主催で行われまして

各家庭から1名参加とのことで

店長が出席しました。

そこで我が家の子供たちがお褒めにあずかったそうで

ありがたいことです。

”あんたんところの子供は昔の子供の遊びをしとる!”

という事だそうです。

・・昔の遊び???

長方形の衣装ケースに向かってニワトリを投げ入れるとか?

坂道をコマがついたケースにニワトリを入れて転がすとか?

そんな遊びでしょうか?

たぶん、外遊びが多い、ってことなんでしょうが

先日も親子喧嘩をされているご家庭の前に座り込んで

親子喧嘩を聞きながらせんべい食っとったので

引きずるようにして家の中に戻ったんだけど・・・

後日
”あそこの親子喧嘩は大声でごめんねぇ”
とご近所様から(;^_^A
(皆様、血縁関係だったりします)

そんな子供たちでも温かく見守っていただいて
こちらのほうこそ、感謝です☆

いやいや、しかし店長新年会で

『奥様はご存命で?』

と聞かれたそうで、嬉しそうなのはなんで?

生きとるがな!!!!

鬼火焚きの由来はなんとなくわかってるんだけど~

鬼火焚きのことを調べた過去記事は
http://ameblo.jp/kidsstage/entry-11445890143.html

今年も行ってきました!
子供たちが大好きな鬼火焚き

くみ上げた竹に

おっさん おじさま方が火をつけはじめました

火が回ってきて


ゴーーーーーっと来ました


火の粉が夜空に舞い散ります

なんか、いつもの鬼火焚きと

違う町内会に参加したので

鬼火焚きの流れの説明など一切なく

やるぞー

まくぞー

ってあっさりした感じ?でした。

町内会によって色々あるのね・・

来週はいつもの町内会の鬼火焚きにも行ってみよう♪

ということで、鬼火焚きの厄落としで

お菓子を拾うことを楽しみにしている子供たち

15歳のムスメっ子とワタスは

ちょっと、離れてみていようね・・・

ということに(規模が小さかったので)

んで、家に帰ったワタスたち

拾ったものを見せあいっこしましたところ

ワタス、1000円以上小銭をいただいてました!

家族の中でダントツですドクロ

ムスメっ子にうそつき呼ばわりされましたが

つま先の前に5~6個飛んできたのを拾っただけなのよ~

家族に還元するわよ~当たり前よね~ラブラブ

・・・・・・キョロちゃん貯金箱に入れとこうかな

いや、厄をわけて引き受けたんだから

独り占めはあかんな。
つらいことも楽しいことも、みんなでわけあって

今年も楽しくアップね。

鹿児島って寒い?暖かい?

我が家の周りはめちゃくちゃ寒いです!
でも、我が家から車で10分程度の
姶良(重富付近)は
だいぶ暖かいです


差は・・・3~4度ありそう。



そんで、そこには


ツバメがいた・・・



まさか・・今年のツバメが居残りしてる?

そんで越冬?

いくらなんでも渡来するには早くない?(まだ11月)
このツバメ・・鹿児島ではスタンダードなのかな~??


う~ん鹿児島・・まだ謎が多いわ~

昨日は下界?へ(笑)

あんまり下界におりないのですがww
最近下に行く用事がちょこちょこありまして


昨日はムスメのヘルメットを探しに行くということで

下界まで降りたわけです。
鹿児島は桜島が見える物件って割高~って聞いたことがありますが

我が家はさっぱり桜島の見えない物件

別に見えなくても困らんわ~
というか、見えて灰がジャンジャン降るよりいいじゃん。

(↑悔しいわけじゃないのよ)
なんて思いながらも下におりるたびに
桜島が見えるとすっげ~ぇ
爆発してるぅ~
なんて感動してた・・のも1年くらい
すでに、あ~桜島~ふんかぁ~

くらいに慣れておりましたが
昨日、下の方の桜島の良く見える場所で
(ホームセンターの近く)


桜島と、煙が紅に染まるのを見て
すっごい、すごく綺麗で・・

言葉に言い表せない・・・・としばし見とれておりました。





携帯はなんか容量いっぱいで写真、撮れないんです。残念。




なんだか、慣れていくというのは

良いところもあるけれど、鹿児島に到着した晩のあの星空とか
窓を開けたら山が緑でびっくりしたこととか
寒い冬に川から湯気がわき立つところとか



慣れてしまってどんどん感動しなくなるけど

こうやって、誰も見ていなくても

自然はそこにあって、変わり無く変化していって

誰も見ていなくても、移ろっていって


右往左往するのは自然と離れてしまった人間ばかりで・・・

きっと、自然と調和して生きてさえいたら

この自然を自然という言葉なんかつけなかったかもね・・

普通、って言葉だったかも・・とか


な~んて、ね♪



でも、下はすごい車と人の量でした!!!!(時間帯もあったかな)



つねに、津波の際はあそこの高台を目指すよ!!と


シュミレーションはしていながらも
これだけの車の量だと捨てて逃げるしかないか・・・

なんて考えておりました。

最悪800メートル(全滅規模ww)だそうなのですが

せめて10メートル~20メートルはシュミレーションしておくのも

楽しいですよ~♪

(え?楽しいの私だけ??ここが高いんだ~とか

  面白いけどな~避難のルート調べたりさ♪)


http://flood.firetree.net/?ll=33.8339


有名な海抜のサイトです。

左上の数字を入れる場所に数字入れて自分の行動範囲をチェックです。


我が家の引越しの際も、もちろんチェックしましたよ。



案外、川沿い上ってくる場合があるので

え~こんなに内陸なのに??ってことも・・

鹿児島オーガニックフェスタ行って来ました

鹿児島のオーガニックフェスタ


有機のお野菜の農家さんやレストラン

パン屋さん、雑貨屋さんなどが

各々ブースで出店する

鹿児島でもかなり大きいお祭りです。


毎年開催してるみたい。


去年も楽しみにしていたけど、やはりムスメが高熱でダウン。


そんで、今年はわたすも発熱・・どうなることやら・・・

その上、早朝は雨&風で大丈夫か?状態だったけど


なんとか持ちこたえました。


わたすはどんぐり自然学校のブースで

どんぐり笛を作るか、どんぐりコマを作る子ども達を

ほほえましく見守るか

小枝と毛糸でオーナメントを作れるフリをしていました。



途中、宮崎のオーガニックフェスタのボランティアスタッフさんが

どんぐり笛を作りたい!と来られたので



”ふふ♪ではご一緒に・・”と一緒にやってみると

・・案外、難しい

(それまで子ども達がやっているときは指導のみで

   生温か~く見守ってただけで、作った事は、無かった)



いや、難しいというよりは根気がいる単純作業

大人の打算的な頭で手を動かすと



力入れて、ギューギューやればすぐ出来るんじゃん?的にやっていたら

全然、できない

二人でふ~ふ~変な汗かきながら、どんぐりをレンガ?にこすりつけていたら



3年生の女子がトコトコ・・とやってきたので


”どんぐり笛って、難しいのね~(ニコ)”


と助けを求めてみたら



”全然難しくないのよ。簡単、すぐできるし(キッパリ!真顔)”



”・・・そうなのね・・・おばちゃん、根気がなさすぎね・・(泣)”


なんか、でも悔しいので


”これどんぐりが悪いんじゃないかな?これ古いどんぐりじゃない?”




と、どんぐりに難癖つけたりしながらも、なんとか完成



が・・・笛のくせに音が鳴らない・・流石、わたす。

しかも、力を入れすぎたのか

指に豆ができてしもうた・・・・やりすぎだっちゅうのorz




とかなんとかやってる横っちょで、ムスメのどじょうすくいも大盛況。

どじょうをすくうとか、金魚すくいとか多いに疑問はある派だけど

無事に終了してほっと一安心。




なんか、ちっさいのが何度も行方不明になり

(走り回る&知り合いに勝手について行くらしい)




探しまわってばっかりで、どんぐりブースにいるか

探しているかで他のブースは見れなかった~



ちょこちょこ知り合いの顔が見れたり

あそこのブースでなんかやってる~とかチラリと見かけたり

(ちっさいのを探している最中に・・・)



我が家の取材をしてくださった

九州の食卓さんの編集長さんとも久々の再会♪

橋口農園のうまうまお餅は狙っていたのでしっかりゲット!
南方新社で100人の母たちゲット♪

(本屋で買ったほうが良い?と聞いたらじぇ~んじぇん♪と言うので)



まだまだ行きたかったブースがいっぱいだったけど



どんぐりのブースで、子ども達を生温かく見守るのも楽しかった音譜



自分では、作れないから~と作ったことがなかった

オーナメントも何度も作っちゃ~ほどいて、できた気分になったしニコニコ

(気分だけで完成せず)


来年は、もうちっと上手に作れるようになって

遊びにきた子ども達にも上手に教えられるようになってるはず~
乞うご期待~



楽しいオーガニックフェスタは

11月25日の宮崎オーガニックフェスタに続く・・・のだ。


宮崎のオーガニックフェスタも行きたいけど

25日は”ぽのぽのマルシェ”もあり・・・悩ましい