グリーンスクールはシュタイナー教育の学校かどうか?結論

偉そうに結論!とか書いてますが
グリーンスクールがシュタイナー教育の学校かどうかは
やっぱり、わかんないのよ。

そもそもシュタイナー教育って物自体が
ある一定の決まりや流れはあるものの
”これじゃなきゃダメ”
みたいなものはなくて

地域の特色なんかもふんだんに取り入れてOKだし
もちろん、ドイツのヴァルドルフの協会とかに
ちゃんと入ってるとキッチリしてるんだろけど

で、ワタスのシュタイナー教育がいいな~
と思っている目安としては

・カリスマに足をすくわれない
・自然の摂理と繋がる
・子供の成長に合った教育
・芸術的な美しい教育

だったりします。

そこで唐突ですが

グリーンスクールにはローフードを食べることが出来る
カフェがありまして

超、美味しいんですけど

働いてるのは・・・現地のローカルの方々

ワタス、シュタイナー学校・シュタイナー系の学校
シュタイナー幼稚園・シュタイナー系幼稚園に子供たちを通わせたり
見学に行ったり、プレキンダーなどに行ったけど

誰かに給仕してもらって
母親がカフェでおしゃべりしてる学校
初めて見た

ワタスが今まで見て知ってるシュタイナー学校は
全部学校の親が学校のために行っているボランティア。
カフェだろうが、雑貨の販売だろうが、親がする。

でも、ここはローカルスタッフ・・・・

シュタイナーの学校を知ってるテンテンは
『これ、ちょっとありえない』

と言ってたけど

でも、これはなんかローカルルールみたいなものが
あるのかもしれない。
こうやってその土地に住んでいる人と関係を結ぶことで
グリーンスクールはその土地に存続していられるのかも

Kさんから小耳にはさんだ話で
又聞きになるけど

このローカルルールのようなもので
日本でいう町内会のようなものと対立した
ちゃんとした私立?インターナショナル?の学校が
廃校に追いやられたそうな

なので、どこかこういうスタイルも必要なのかもしれません。

ただ、子供の情操教育には、ワタス的にもちょっと・・
子供たちが使用していたであろう
テントのようなものを(巨大だった)
ローカルスタッフが10人くらいで必死でたたんでいる横で

子供たちや、父親たちがサッカーして遊んでいる光景を見ながら
カフェでお茶してる母親たちを見ながら
お茶してたんだけど(複雑ですな)

・・・特権階級ですか??

って感じを受けました。

もちろん、学費的にも絶対ローカルで一般的な方々には
難しい金額の学校(年間約100万近く/一人)ではあるし
(事前情報では月5万程度だったんだけどな~)
それがローカルな方々へのお給料になるのかもしれないけど

ごく小さいうちから、その違いを肌に叩き込むのか
ワタス的にはその違いをとっぱらって
ローカルの方々と共に学ぶための学費の高さなら
なんか、納得できるんだけど~

ということで、シュタイナー教育抜きにして
ワタスの中で(テンテンはダメって言ってるけど)

・低学年にはキツイ
・中学3年生以上なら、この理不尽さを理解できるかもしれない
・学費は高いが、国際バカロレアが取れるのは魅力的

ということで、少し気持ちはグラグラしています。

さて、ではバリ島のグリーンスクールはシュタイナー教育なのか?

すいません。
シュタイナー教育かどうかを検証するための
英語力がワタスにはなかったため
グリーンスクールのガイドさんに質問することができず

手がかりは

小学3~4年生くらいかな?の教室にて
どうやら、普通の鉛筆?シュタイナーの学校では使わないね。

しかし、バリにてシュタイナー学校でよく使われている


こういうシュトックマーのクレヨンとか


色鉛筆だったら、りラのものなんだけど・・
普通の色鉛筆か・・
シュタイナー教育でこういうものを使われているのは
色々な理由があるので、使っていないのは
やっぱりシュタイナー教育ではないのかな?

なんて思ったり

『でも、バリでこのような教材を揃えるのは困難なのかも?』

なんて思ったり

そして、そして

上記は
幾何学の薔薇と呼ばれるもの・・シュタイナー教育では必ず通ります。
算数の授業の中で行われますが、普通の学校では行われないと思うので
シュタイナー教育の特徴とも言えるかな~

ということで、はっきりとはわからなかったけど
シュタイナー教育のエッセンスを取りいれた学校ではあるのかもしれません。

お野菜なんかも無農薬!
って書きましたが、グリーンスクールを紹介していたある文章では

バイオダイナミック農法を取り入れている

ともありました。

ただ、全世界に1000校以上あるシュタイナー学校は
日本や北朝鮮など以外では
大人気なので”シュタイナー”とつけただけで
世界中から

”シュタイナー教育の学校だわ~
ここなら、安心!”

となる。
そのために、シュタイナーと絡めている可能性も
なきにしもあらずなのか・・・

それなら、少し寂しい気もするな
日本では数少ないシュタイナーの学校に
9年間子供を通わせた親としては複雑です。
もう少しだけ、グリーンスクールについて考えます。

バリの観光にも、留学・移住の参考にもなるグリーンスクールの見学

さて、続きまして
バリの観光にも留学・移住にも参考になる~
とタイトルしましたが

こんな風に見学できること自体が観光っぽいです
留学や移住を考えている方には
このグリーンスクールはもってこいな部分があると思うんです。

ちょっと、シュタイナー教育かどうかは外しておいての考察
まず、ローカルのみの学校ではないというところ
いずれは、各国に散らばることを想定していると思われるので
ローカル一色の授業内容ではない、はず。

そして・・
見学ツアーには含まれていませんでしたが
寮があるというお話です。

子供のみの寮、ファミリーも居住できる場所などなど

う~ん。移住・・考えちゃいますね

では、その他の建物

ヨガなんか行う建物だそうです

広いんですよ

天井が素敵

そしてお教室へ~

教室が敷地内に点在しています。
ワタス、この点もすごく羨ましいんです。はっきりいって理想郷です。

教室の前には水分補給ができるようになっています。

こちらの教室では、ローカルの子供たちが
英語を学んでいた模様

教室の床もバンブーです。
縦に割ってるのかな・・

基礎もバンブー使い~って感じでしょうか?
ところどころセメント?も使用してる?

床下のバンブー使い・・すごい・・こんなんできるんだ!!って感じです
日本でこれやったら、たぶんめちゃくちゃ寒いよね

ウブド近くにある グリーンスクール見学中です

バリ島では文化系の観光地ウブドの近くにある
(といわれている)グリーンスクールを見学中備忘録なのです
だいぶ佳境?に近づいてきましたよ

見えてきました。なんとなくグリーンスクールのシンボル的なイメージもある
川に(アユン川だよね???)架かる橋です
これもなんとなんとのオールバンブー!

子供たちが川遊びをしている姿が見えます。
本当に羨ましい!敷地内にこれだけの自然環境があるなんて・・・

本当にオールバンブーなんだもん・・色合いも素晴らしい
画像じゃお伝えできないですが

日本の竹とは少し風合いが違うように感じました

竹がすごく太いです。
グリーンスクールは成長の早い竹を使って
この学校全てをバンブーで構成しているそうです。

橋を渡った向こう側にプールがあったのですが
そこまではグリーンスクール見学ツアーに含まれていなかったようで
近寄ることが出来ず・・・う~ん、羨ましい!
橋をあとにしました。

製作途中のバンブーの建物?ちょっと小さめですね

ゆっくり丸く形作っていく感じが伝わってきます。
日本の竹でもできるかもしれないな~
なんて頭の中で構想してみたり・・・
でも寒いからバンブーハウスは無理ね

グリーンスクールの見学から帰って来れない・・早くバリ島から日本に帰りたい気がしてきました

あいかわらずバリのグリーンスクールを
見学しているワタスたち
渡バリの大きな目的の一つだったため
仕方はないのですが

日本はもう師走・・遊んでる気分ではなくなってきたのに
いつまでも心はバリ島を彷徨っています。

いいんです!ワタス体は日本、心はバリで!!
(逆がいいけど・・)

さて、グリーンスクール内ではこんなスペースが
あります。

わかりますか?向こうに見えるのは・・

畑です!
もちろん、無農薬だそうですよ!

なんだろう?マメ科っぽいけど・・??

落花生かな~??
トマトと混在してる

これはオクラですかね。
日本のものと少し違う感じですね~

ここで栽培された野菜たちは
学校内のカフェや食堂で使われているそうです。
安心なたべものを食べることが出来るのは
留学や移住に関してはかなり大きなポイントです

もともと、インドネシアの食べ物は
米食ですので日本人にとってはかなりハードルが低いんですよね~

野菜好きにはたまらない、菜園でした!

世界中から注目されている留学先のグリーンスクールの見学です

まだまだ続きます、グリーンスクールの見学・・
なんてったって20エーカーの敷地だそうです。
20エーカーといえば・・よくわかりませんが
9万平米(9万m2)イマイチ、ピンときませんね。
東京ドームの約2倍・・(東京ドームは約4.6万m2ちょっと)

関西出身なのでやっぱりよくわからないのですが
東京ドームは甲子園よりちょいと大きいのかな?
くらいです。(甲子園は約4万m2足りないくらい)

これが、アユン川という川に向かって
崖・・渓谷とまではいわないのだけど
平らなところには建物があり、川に向かって下っていったり
もちろん、ジャングルのような場所もあって
かくれんぼしたら見つからない子供続出しそう・・なんです。
なので、まだまだグリーンスクールの見学は続くのです

下りますよ~

ひたすら・・・下る

なんか見えてきました!!

なんじゃこりゃ・・
オールバンブーなはずなのに
不思議な屋根の建物が出てきました
なんかちょっと近未来的です

屋根は廃車された車のガラスをリサイクルしているのだそう、たぶん。

建物は建設中?で中でローカルなおじさんが
作業をされていました。

む・・やはりバンブー使いが素晴らしい
出来上がりはどんな建物になってるんでしょうか?
次に訪ねたときには、完成した姿をみれるかしら~

バリ留学の下見にもなるかもしれないグリーンスクールの見学ツアーです。まだまだ半分かな

グリーンスクールのこういう見学ツアーって
ちょっと、バリ留学の下見にも使えるかもしれない
なんて思って参加したのですが
もう、全然スケールが違いすぎて
どこの何とも比較・当てはめるなんてことはできないな~と思ってしまいました

さて、前回の記事http://ameblo.jp/aza02/entry-11967360997.htmlにも書きました
アノ空間とは・・

ど~~ん!

『ママ~!おみやげ~
と持って帰った袋の中には
泥にまみれた洋服たちが・・
(しくった!!お気に入りのTシャツ着せてた!)
なんて心の声を押し殺し、洗濯機に放り込んだことは数知れず・・

このグリーンスクールでは
そんな子供たちの大好きな泥んこ遊びがいつでも
出来るように、こんなスペースがあるんですね~

しかも、この大きさ

何人くらい入れるかな?

常に水が入るようになってるみたいですね

階段がちゃんとあります!
お洗濯する身にとってはかなり凹むこのスペース
子供たちの楽しそうな顔は浮かぶんだけどね・・(*v.v)。


竹でできたトーテムポールのようなものは
植木鉢のように使われていました。
なんか。不思議な感じ・・・

留学するならやっぱりエージェントが必要なんだろうなと思ったグリーンスクール見学

バリの幼稚園・小学校・中学校・高校一貫教育を行っている
シュタイナー教育、かもしれない
グリーンスクール見学記です。

う~ん。こうやって全てが英語で進んでいくと
やっぱり留学エージェントなるものが不可欠なのか・・
と実感してしまいました。

自力でなんとかできるハズ!
なんて甘くはなさそうです・・

さてさて、グリーンスクールツアーは続きますよ~

この建物は何でしょうか?

写っちゃってますね・・・。(´д`lll)
小さ~いから許容範囲かな・・

 プレキンダーのお部屋でした
幼稚園就園前の小さい人たちのためのお部屋です

バンブーのはしご

教室は優しい雰囲気です

気持ちよさそうな空間
そして、この教室のすぐ近くには
子供たちが狂喜乱舞?しそうな
母はまれにがっくりくるような

アノ空間がど~~~んと広がっておりました!!
もう、びっくりでしたよ~

バリに留学や移住をするなら、最低限の英会話程度は必要かもしれませんね

バリに留学や移住をするなら、最低限の
英語力が必要かもしれません。
いつも感じるのですが
英語がここまで出来ないのは
日本人くらいです。

見学に行ったグリーンスクールでは
地元のローカルな子供たちのために
英語のレッスンを行っていました。

地元とうまくやっていく秘訣なのでしょうね

さて、グリーンスクールを回るツアーはどんどん進みます
ツアーは20人以上はいたかしら・・
みんな興味があるのね~

何かちょっとした小さな広場(変な日本語)に
大きな石が

アメジストかな・・

このグリーンスクールの創設者は
宝石商を営まれていた富豪だそうなので
こんな大きな宝石が持ち込まれたようです

こんなところに置いてあるということは、ここは何かパワースポットなのかな?

さて、じっくり眺めてる時間はやはりありません
進みます

ここは飼育小屋?

ふくろうの雛のようです
野鳥の保護も行っているようです

可愛ええ~

バリに留学を考えていない人もアクティビティとして利用しているらしい

バリには観光目的で特に留学を考えているわけではない
という人もこのグリーンスクールには
アクティビティの一つとして
サマースクールに参加して
グリーンスクールを丸ごと体験しているそうです
(あ、もちろんお子さんですよ)

1日だけ、とか宿泊ありの数日間の体験などあるようです
(お問い合わせした方がいいかも)
また大手の旅行会社さんも
アクティビティとして利用しているみたい。
手数料は取られるけど
何から何までセッティングしてくれるので安心かも~

ということで

グリーンスクール内部を探索です

・・・なんでしょう?ここ
ドンドン進みまして

ここは、調理場?だと思われます
英語ダメダメなので説明が・・・理解できず

内部はこんな感じで、ボケテマス(´・ω・`)

こちらはピザ釜のようなものがあり
ピザかな?パンかな?を
ローカルのスタッフの方が焼いていました
おいしそ~

手ごねですね

伸ばしてるから、ピザなのかな?
完成するまでゆっくり眺めることができず
グリーンスクール見学ツアーはどんどん先へ進みます

う~んキニナル!

ピザ釜の横はかまど?のようなものがありましたよ
何を作るんでしょうね~
まだまだ、先が長いグリーンスクールです!


ピザが食べたくなってしまいました・・