インドネシア観光ビザ 免除 (無料)なるか???

インドネシアの観光ビザが免除(無料)になる~
なる~なる~

と昨年度からなるなる詐欺のように
春休みには!
ゴールデンウィークには!
と期待しつつ・・・
やはりインドネシア・・とがっくりと方を落としている
旅行者が数多いようです。


で、先日も
自由民主党の二階俊博総務会長がインドネシアを訪問して。
ジョコ大統領と会談し、6月までには
なんとかビザの免除を~と約束されたようで~
では、そろそろ5月末ですし
観光ビザ免除となったでしょうか?と調べてみたところ・・

まだですね

いや、6月には今日も含めてあと二日ある。
6月にははれてビザ免除(無料)になる可能性だってある。

ということで、夏休みには!
という期待もなるなる詐欺で終わりになりませんように!

チケット予約しちゃいましたからね!
ひとり頭35ドルの観光ビザ、きついんですよ~
二人だと75ドル、四人家族だと150ドル
(今日のドルは124円なので、18600円です)
六人家族だと210ドルで26040円
(うち、六人家族

ということで、名称はなんでもよろしいです
免除でも無償化でも、無料でも廃止でも

とにかく、夏休みまでにはなんとか!!!

追記:ビザ、無料になりましたね

2015年6月12日 発表

 在インドネシア日本国大使館は6月12日、インドネシア観光目的の査証(ビザ)免除が開始されたと発表した。これは、インドネシア政府の通達を受けてのもので、日本を含む30カ国の国民に対し、30日以内の観光目的で入国する場合に限り、インドネシア入国査証の取得が免除されるという大統領令が発布された。

 これにより、従来35ドル必要だった入国ビザの手数料が、30日以内の観光目的であれば必要なくなる。
http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/20150615_706886.html
<トラベルウォッチより引用>

2015年4月中に インドネシアの観光ビザが免除に・・なりますか??

ということで、インドネシアの観光ビザが

このビザ代が免除になると
USD 35  約4,000円が無料に
嬉しいですね~


昨年の10月に渡バリしたときから
すでに入出国カードが不要になり
空港税の支払いが航空券に含まれるようになって
出国時にモタモタしなくていいハズ・・になってきている

そして、燃油サーチャージがかなりお安くなっているこの時期に
このうえ、観光ビザが免除⇒無料だなんて・・

もう、今行かずして
いつバリへ行くんですか???

ということで・・・渡バリ計画たてて
チケット&ホテル予約しました~

4月中に観光ビザが免除になりますよーーーーに♪
ソースは↓
http://www.thejakartapost.com/news/2015/03/17/new-visa-policy-aid-rupiah.html

パパイヤフレッシュギャラリーにてお買い物というより物色?

パパイヤフレッシュギャラリーへ行って来ました~
スーパーの中は・・うん、日本の地方の
高級食材も扱ってるよ~的なスーパーって感じです。


果物や野菜もビンタンスーパーとあんまり変わらないなぁ~
でも、やっぱり日本人御用達
うどんがあるじゃ~ん・・・って高!!
ハ○スのカレールゥもある・・高!!!
醤油もミリンもあるっちゃ、あるけど
大体にほんの4倍くらいかも
こんなところで食材揃えたら破産する
∑(-x-;)

でも、まぁ
これだけは譲れないって物は
パパイヤで購入できることがわかった。

うう~ん。バリ島では手に入りにくいかな~
なんて思ったものを日本からのお土産で
Kさんへ持って行ったけど
こりゃ、いらんお世話だったな・・
なんでも揃うんだな~と。
ダイソーの商品(ほんの少々ですが)だって
お値段4倍近いけど
ゲットできます、パパイヤで!

そしてテンテンとワタスがゲットしたものは
マサコ石鹸
オーガニックでとても気持ち良い香りの
泡立ち抜群の石鹸です。

ふふふ・・いっぱいゲットしましたよ~
このマサコ石鹸(ブラットワンギ石鹸)は
オーガニックなナチュラル素材で作られているので
肌の弱い方や生活に気をつけている方へのお土産にぴったり!
帰国して
テンテンは、マッサージサロン?を
個人でされている方へのプレゼントに
ぴったりだ!と張り切ってましたよ。
ワタスもオーガニック・マクロビ食をされている方へ
お渡ししましたよ

ということで
パパイヤのお買い物も終了~
疲れたね・・とパパイヤ内で営業している
パン屋さんのイートインにてちょこっと休憩することに
テンテンは
カフェラテ?

いいなぁ~サービスブレッドにツナサンドがついてましたよ!
ワタスはレモンスカッシュ


こちらのパン屋さんはかなり日本風~でした

今度はスーパードリームチョコ・・頼みたいかも


ビンタンスーパーのあとは日本人向けスーパーのパパイヤへ!

いつまでたってもブログ内ではバリに滞在している状況のワタスです。

さてさて、ビンタンスーパーを出た後
テンテンとワタスの二人連れ日本人御用達
パパイヤフレッシュギャラリーというスーパーマーケットへ向かいました。


移動手段はやはり、クラクラバス

そして、クラクラバスを降りる際に
請求された金額は・・・

パパイヤから一番近いバスストップは

ベスト ウェスタン プレミア サンセッ ト ロード
という素敵なホテル前のバスストップで下車した後、ベストウェスタンの従業員に
パパイヤへの道順を教えていただきました~
ありがとうございます

>>さっそくホテルの空室を検索<<

そこからサンセットストリートをテクテクテクテク

すると前から心細そうなスリムで若い欧米系の男性が
おそらくオーストラリア人かな~
茶系の短髪のちょっとハンサムな感じ

ハンサムな男性『クタのビーチはどこですか?(イングリッシュにて)』

ワタス(はぁ?どう見てもうちら二人連れに聞くのはおかしいだろう?!)

テンテン『おお~あっちにGOGOまっすぐGO!(日本語)』

ワタス『テンテン!!あんた、クタビーチどっちかわかってんの?』

テンテン『いや、知らね。あっちに行けば誰かに会うんじゃね?』
(人でないとはテンテンのことです。)


↑ここらへんで
欧米人のハンサムな男性と出会いました。
無事にクタビーチにたどり着けたでしょうか???

ということで、実は
クラクラバスの金額は一人20,000RP請求されました。

なんだか、さっきは”いらない、いらない”
と言われたのに
なんだか腑に落ちないね~
なんて言いながらの徒歩徒歩

用水路はこんな場所があちこちにあり
異臭を放っています。

環境問題にまでまだまだ意識が行かないのかしら?
なんて考えながら、歩いていると
パパイヤにたどり着きました。

サンセットストリートは交通量も多く排ガスも半端なかったため
(暑がりのテンテンのあづ~あづ~も大変聞き苦しく)
クラクラバス&徒歩は厳しかったです。

次回はパパイヤスーパーの中へ~♪

ビンタンスーパーにて価格調査~ではなくてショッピング

ビンタンスーパーでお買い物した~い
地元の人のお買い物しているところを見た~い!
ということで、スッミニャックのビンタンスーパーへ
クラクラバスにて向かったのですが

ビンタンスーパー・・あれ?
ローカルは従業員のみ
お買い物しているのはオージーばかり
たまたま・・だったのかな?

観光客向けにお土産コーナーも
(作りがチープなのを気にしなければ)
充実してるので、ばらまきお土産は
ここでOKかもな~

でも、ワタスが見たいのは
生鮮食品!
普段日本ではお買い物はやっぱりスーパー
市場でのお買い物は慣れていないので
移住や、長期滞在の際
主にローカルなスーパーを利用すると思われ・・
(慣れたら市場での買い物がメインになるかもしれないけど)
まずはリサーチです。

まずは、主食のお米
お値段はなんとなく日本より高い?
(たぶん、我が家がご近所様から安く購入しているため)
おそらく日本と同じくらい
え~なんで??二毛作当たり前なんだったら
もっと安くてもいいじゃん!なんて思いながら
果物コーナーへ

日本で食べている果物は
ほとんどあるし、南国のフルーツはもちろん充実
グラム売りだったけど、マンゴースチンは1個30円前後
ん~~日本と比べると激安!
次はお野菜
トマトにジャガイモ、ニンジン


昨日、近所のスーパーにて
同じくらいの大きさの鹿児島産じゃがいも1つ35円
だったので、同じくらいか・・レートによってはちょいと安いかな

トマトは安いね。

ん~パンはちょっとお高めだったのと
ワタス好みじゃないな~
硬いパンが好物なので、ちょっと・・

でも、この豆乳の品揃えのよさ!
これ素晴らしい

豆乳があるだけで
かなり生活できるような気になってきた

ビンタンで購入したもの
画像はないけど
バニラビーンズの束、カレー用の香辛料色々
コーヒー豆、インドネシアのお菓子ティムタム(テンテンの好物)
子供たち用のお土産木彫りのネコ、ブレスレット
アイスクリーム、チリソースでした

クタにてクラクラバスに乗ってビンタンスーパーにショッピングへ向かいます

さて、クラクラバスというバリの主要地域を巡回しているバスがあって
クラクラバスに乗りた~い!!
ということで、クラクラばすにてビンタンスーパーに向かうことに

まずは、ザ サン ホテル&スパ レギャンに近いバス停留所は
ザ ストーンズホテル

素敵なホテルだね~なんて見てたら
ん?バス停留所がどこかわからない??
ということで警備員の方に聞いてみたところ

ここで待て。いや、中に行くか?いや、あっち側へ行くんだ

と教えてくださいました。

は?え?どうしたらいいの?

とオタオタしていたら
どうもクラクラバス自体がもうストーンズホテルに到着していて
ワタスたちに停留所まで行け!といってみたけど
停留所まで間に合わないだろうからあっちに行け!

とか言ってたようです。
結局、警備員さんがホテルの中を回ってきたバスを停めてくれて

無事乗り込むことができました。

嬉しいフリーwifiです。

そして、なんだか
このバスJCBカードを持っていたら無料~
なんだそうです。(期間限定詳しくは↓の公式サイト)
http://www.jcb.co.jp/campaign/kura-kura_bus.html

ラッキ~ですが
ワタスたち知らないもんで
降車時、運転手さんに
『JCBのカードを持ってる?』
と聞かれて
『持ってるよ~』
と見せたら

『OK~
と運賃を受け取らずに立ち去ろうとするんで

『NO!!ハウマッチ?ハウマッチ?』
と、しつこく聞いて
無理やりお金を渡しました

運転手のお兄さん
恥ずかしそうに10000rpでいいかな~
ありがとう~
なんて言ってましたが
もしかして、チップの押し売りしとった??
こっちが恥ずかしいわ!!

テンテンと
『運転手さんイラナイ、イラナイって言ってたね
二人で100円しないなんて、良心的なんだね~』
なんて話しながら、ビンタンスーパーへレッツゴー!です

ウブドのボディワークスヒーリングセンターにてマッサージ!アルサナさんには・・

さて、腹ごしらえもすんだところで
ボディワークスセンターにて
お楽しみのマッサージです!

事前情報で飛び込み予約が出来るとのことで
朝一番に予約を入れておきました。

アルサナさんのマッサージがすごく良い!
とのことだったのですが
(そこまでこだわりなかったので)
お弟子さん?のマッサージにてお願いしました。

マッサージ中はもちろん写真撮影できずでしたので
たいした写真はありません

肝心のマッサージは
とても良かったです!
服を脱ぐのが恥ずかしかった~なんて口コミを読んでおり
パンツいっちょになる事は覚悟していたため
ボクサーパンツにしておりました。
あまり恥ずかしさを感じなかったのもマッサージを堪能できたポイントかも。

あと、テンテンが隣のベッドだったというのも
安心感がありました。
誰かと一緒は心強いです

流れるような施術で
たぶん、触ってると”この人ここ、悪いな~”って思うのかな?
そこ、をくいっといきます。
マッサージの流れや順番は決まっているみたいですが
その、そこ!!って感じがイイ!!なんて思ってたら

クスクス・・クスクス・・

と笑い声が・・

テ・・テンテン

寝とるがな!!

『スリ~ピ~ン( ´艸`)』
なんて、言われても起きない、テンテン。

こっちが恥ずかしくて
テンテンが気になりつつの
マッサージでした

テンテン施術の半分は寝ており、なんてもったいない

そして、マッサージ終わった後
『スゲー気持ちよかったな!!』
と言われ・・

あんた、寝取ったやろ!!

と突っ込みましたが

『寝るほど気持ちよかったんだよ(*^▽^*)』

と、言われ・・う~ん。納得できん・・

しかし、お弟子さんでこれくらいの技術があったんだし
アルサナさんだと、どんだけ~と
次はトライしてみたいな・・なんて
(アルサナさんの予約はかなりとりにくいらしいです。
でも、普通に歩いてたけど)

帰りに日本人の方に
『どうでしたか?』
なんて声をかけられました。
話を聞くと日本から
アルサナさんの元で学ぶために渡バリしているとのこと

日本でマッサージ店とか開いたら
きっと大繁盛だろうな~
なんてぼんやり思いながら
ボディワークスヒーリングセンターを後にしました。

さ、今度はクタに戻りがてら
バッグを買いに行きま~す

ケチャックダンスの前に夕ご飯ビスマ通りカフェ・ディ・アーティストCafé Des Artiste

さて、今夜はウブドに宿泊して
ケチャックダンスの鑑賞(ダラム・ウブド寺院)をしよう!
と、その前に腹ごしらえです。

日本で色々なお店をチェックしていたものの
実際に自分たちの疲れ具合(グリーンスクールでかなり歩いてヘロヘロ年ですわ)
あまり離れていないとはいえホテルからダラム・ウブド寺院までの距離もかなりある
を鑑みて、たくさんあるレストランやワルンから良さそうな場所で食事をとることに決定

で、ビスマ通りを歩いていると
カフェ・ディ・アーティストCafé Des Artistes
という素敵なレストランの前を通りかかりました。

事前情報にて
・欧米人が入っているレストランは総じて味が良い
・欧米人が入っているレストランは比較的お値段も安心

とあり、このカフェ・ディ・アーティストの客層を見てみましたところ
欧米人がおしゃれして入っているという感じ。

うん、ここでいいんじゃない?
ということで、入店!

雰囲気めちゃくちゃ良いんです。
テンテンとワタスはオープンテラスに着席
着席するとショットグラスに濃~いフレッシュジュースが
オレンジか何かもわからないぐらいの濃さだけど、たぶんオレンジジュースでしょう

ワタスはガドガドサラダにトマトスープ
テンテンは、念願の?ステーキ
(我が家は日本ではお肉をあまり食べないため
特にワタス、四つ足ダメ・・テンテンは鶏食べられない
よって、肉なし食なんですww)

ボケテマス!が
雰囲気のよ良さは伝わるでしょうか?

テンテンのステーキ・・・

ワタスのスープ・・

とにかく、腹ペコであったはずのワタスたち
にもかかわらず、食べきれないほどのすごい量!
ガドガドも3人前でしょ???というほどのプレートに
ライスがついてくるという・・・

スープも小さなラーメン鉢くらいはある
テンテンのステーキもとにかく大盛り!

た・・食べきれない!!

ステーキが700円くらい
ガドガドサラダが400円くらい
スープが??400円しなかったかな~
合計1500円でした。

デザートも頼みたい!って思ってたけど
頼まなくて良かった
あんなにスープをゴクゴク必死で飲んだの初めてでした!

グリーンスクールのエネルギーは再生可能エネルギー

バリ島のグリーンスクールは
自給自足を目指している?のかな
もちろん、エネルギーは再生可能エネルギーです。
その一例がこちら

小水力発電です

グリーンスクールは起伏の差が激しいので
学校中の排水を一箇所に集めて
それらで小水力発電をおこなっているそう

ウム、落ちたら命はなさそうな・・・すごい勢いでしたよ~

こちらも畑に見えますが・

わかりますでしょうか?
ソーラーパネルがずらりと並んでます。
やはりバンブーなところがにくいです

今回、残念ながら利用はしなかったのですが
トイレもしっかりバイオトイレだそうです。
ということは、肥料になるっていうことですね。

徹底している感とアレアレ~??感もありつつ
(ワタス、太陽光パネルについては
 いずれ起こる廃棄の問題、原材料の問題、製作過程にて結局電力に依存の問題
また、原材料掘削時にかかわる地域の健康問題etcに関して疑問ありなので
日本で、原発に頼らない基盤を作るための一時的に利用するならやむなし・・
なんて思ってるのだが、バリで必要なのかどうかは調べてないのでわかりません。
でも、豊富な日照を利用したい気持ちはわかる。ウン)

ここまでするのはなかなか難しいよね。
日本じゃ無理だわ・・

バリ島の心地よいホテル体験談 ウブドのニックスヒドゥンコテージ 

ウブドのニックスヒドゥンコテージは
ビスマ通りにあります

夜にケチャックダンスを鑑賞する予定の
ダラムウブド寺院へもじゃらんじゃらんで(お散歩で)
約10分位とちょうどいい距離。

反対方向へ歩いていくと
モンキーフォレストにも近く
ウブドの市場くらいまでは
徒歩圏内です。

フロントは日本語はほぼ通じません。
でも、丁寧に話を聞いてくれるし
笑顔で好感持てるフロントでしたよ。

ウェルカムドリンクは
苦手なウォーターメロン(スイカ)ジュース
だったので、一口だけ口をつけてゴメンナサイ

フロントからお部屋までは
階段で降りなければいけないので
足の悪い方には厳しいかもしれませんね

プールはホテルの最下層に位置します

こじんまりとしていますが
静かで素敵なプールでした
時間が許さず、私たちは
プールに入れませんでした残念