偏見と余念

ということで、まずは
田舎暮らしの充実と自給自足に向かって
余念がない我が家と言いたいところですが

全くさぱーり上手くいかないこの4年、何をやってたんだろ?

状態です。


ここらへんは、なるようにしかならんのか


教育をとれば費用がかさむし

教育を捨てるわけにもいかんし

教育を取れば”これ以上”人里離れるわけにもいかん

なんてジレンマ抱えつつ

自分の中で良いこと、よい行いを
自分好きなコトの指針にして満足し

チョイスしつつやっていくしかないのかな?


なんてわかりにく~い納得のしかたをしております。


さて先日、自分の中で軽くカルチャーショックを受けた事柄


『ここでコカ・○ーラを飲んでよいのか?』


でございます。


わたすの中では


”コカ○ーラ飲んではいけない場所でコカ○ーラ飲んではるわ”

という場所でコカ○ーラを飲んでらっしゃる方がいて


そもそもコカ○ーラが身体に良いとか悪いとか

そんなん取っ払っても、コカ○ーラ飲んでもいい場所

シチュエーション違うやん??


と思ったわけですが


この時は長時間の待ち時間で喉も渇くというようなシーンでした。

一口、何か飲みたくなるようなイライラとするような・・・


じゃ、コーヒーだったらいいのか?

紅茶だったら?

お茶だったら?

水だったら???



そう、おそらくわたす・・持参したお水やお茶を飲んでらっしゃったら


『手回し良い方だな~』とか『抜かりのない方だな~』


なんて思ったはずで、コカ○ーラであったために


”ちょっと非常識”


に感じたんですな。


まさしく偏見。


コカ○ーラが嗜好品か否かでの?という視点でも考えてみたのですが

ご家庭によっては水の代わりにコカ○ーラを飲む

なんてところもあるでしょう。


ということで、わたす、偏見のかたまりだ!!

これをとっぱらうにはウン十年かかるでしょう。

だって、やっぱり・・考えても

”ここでコカ○ーラはいかんだろ~”ってなっちゃうんだもんな。


そんで、お茶なら

”抜かりのない素敵な方”なんだもん。


ということで、コカ○ーラは場所をわきまえて飲むべき飲み物だという

偏見がわたすにはあるようです。

どの場所が良くてどこが悪いかは、直感で。

でもかなり広い範囲OK出せるタイプなんだけどな~

電車やバスでだって、周りに迷惑かけなければ
気にしないだろうし・・なんだろうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です