合成洗剤と石鹸の遍歴というか・・?

我が家の家業はお洋服のリサイクルショップ

かれこれ12~3年やってるかな・・

サイトはこちら⇒洋服のリサイクル ステージ

 

普通のご家庭からいらなくなったお洋服をお買取りし

次に欲しい方へ販売するという

お洋服のリサイクルなので、まれにシミがあるお洋服などもあり

そのような場合には、クリーニングに出したりお洗濯をします。

で、長年シミと向き合ってきた経験から

洗濯に使っていた合成洗剤より、石鹸がよりシミや汚れが落ちる

ような気がする、と気がついたのは

もう10年ほど前かな。
 

ちょっと温かいお湯くらいで洗うといい感じだった
かなり長い期間、石鹸系を使いながら

シミによっては食器洗い用の中性洗剤がよく落ちるかも

熱を入れたり、ベンジン使ったり

色々試しているうちに

「これ・・環境に悪いかも」と思い至り

 

石鹸をやめ、重曹を使い始め・・
重曹だけでは心もとないかな?
(子供らが本当に汚しまくるので)

 

使い始めたのがこれ
洗剤いらずの洗濯ボール

中に特殊セラミックが入ってて

水道水が洗浄力のある水に変化する!ってことで

これと重曹を愛用していた鹿児島の田舎期間。

(だって、流した水がそのまま田んぼに流れてるように感じる事ができる環境にいたら

おのずと汚しちゃいけないと考えちゃいますよね・・)

で、京都に引っ越したもんで

 

環境に負荷がかかるかもしれないけど

合成洗剤バンバン使うぞ~~~~~!!!

 

 

 

あんまりならなくって(京都でも田舎だから田んぼと畑が多いしね)

 

 

結局これにしました。

何かわかりますでしょうか?

これ

ソープナッツです
石鹸のナッツ。
木の実の皮の部分から石鹸の役目をするエキスが流れ出て、生地を傷めず汚れを落とします。
化学柔軟剤を使わなくてもふわふわの洗い上がりになるうえ、ウールやシルクも安心。
リキッドタイプ洗剤やクリーナーはオリジナルナチュラルアロマ処方でやさしいアロマが漂います。

って事で、このソープナッツ
泡が出なくなったら、土に戻して肥料になるくらい

環境に負荷がかからないっていうので、ずっと気になってたんだけど

この度、いよいよソープナッツデビュー爆  笑

ムスコの汚いポロシャツを

 

ゆで洗いしてみました。

さて、どうなるか(別に期待していないww)

 

 

 

 

「合成洗剤と石鹸の遍歴というか・・?」への1件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    いろんな洗剤があるんですね~
    昔 環境問題に関心があった頃
    生◯クラブに入ってまして・・
    その裏側を垣間見てから
    嫌気がさして抜けました
    そんな経歴の持ち主だから(笑
    余計に気になります
    面白いですねぇ‼︎
    気になる気になるwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です